叱るのをやめると子どもの主体性が育つ

親子育対談

和田 實先生について

和田 實先生は明治の終わりから、幼児教育は『感化誘導』でしなさいって。
感化誘導法。

「感化」というのは、大人がお手本示しながら、自然に側でしていれば、子どもは感化される。
自然にそれはああいうふうにやるのかな、って気がついて、真似していく。

あとは「誘導」。
子どものやっていることをちょっとだけ援助して、サポートして、
こういう力をつけたいという教育の目標があるでしょう、
その目標の方に子どもが進んでいけるように、ちょっとだけ「誘導」する 。
誘導ってのは「誘い導く」でしょ。

だから和田實先生は「決して指示命令しなさんな」って。
そういう教育をしちゃいけないって。

そこ(和田實学園 東京教育専門学校)に私は長いこと勤めたのでね。
その和田實先生の考えが大好きだったもんだから、ずっとそこにいたんですけど 。

叱るのをやめると、子どもの主体性が育っていくのですか?

そうです。
だって自分のしてることを否定されないから。
「これでいいんだ」って思えるでしょ。
「これやっていいんだ」って思うでしょ。

やって危ないこととか、やって困ることは、ちょっと先生がサポートして 、
そっちじゃない方向にちょっと動くとか、
「ここだとちょっと危ないからで、こっちでやって みようか ?」
とかそういう言い方すれば、
「こっちやっちゃ、危ないでしょ!」
だと終わっちゃうけど 、
「こっちの方がいいかもしれないね 」とか
やっていいことを用意したら、そっちの方に行けるでしょ。
それが誘導なのね。

大人としたら 、すぐ答えを用意しちゃうとか、やりがちですよね。

だから子どもの生きる力 、 伸びていく力をちゃんと尊重して
それを大人が後押ししていく。押さなくていいのだけど。
あとからついていく。そういう考え方ですね 。

考えさせることで、子どもの考える力が育つということですね。

そうです。
さっきの目薬の件(その2)も、
お父さん達はもうしょうがない、嫌だって言ってるのだからって諦めたでしょう。

諦めたんだけど、それは子どもの「嫌だっ」ていう気持ちを受け止めたからなのね。
安心したんですよ、子どもはね。
受け止められて、それで、いつでもできるように目薬を目の前に用意したと思うんですよ。

それが子どもにとって『できると思ったから』っていう、
凄い子どもの決断を導き出したわけですよね。

だからもっと子どもを信じて。
子どものできる力を信じて。
大事にして。

子どもにも大人のように接することが、大事なように聞こえるのですが?

そうですよ、同じですよ、大人同士の関係と。

奥さんに「あれやるな」「これやるな」とか、
あなたも「何その靴下の履き方!」とか言われたら嫌でしょ 。
「なにその靴の履き方、何それかかと踏んづけて」とか。
例えばそういうことされてたら。

確かにそうですね 、傷つきますね、嫌です。

嫌でしょう。そんな些細なことでも。
毎日子どもはそれ言われているんですよ。

それを毎日言われ続けた子どもに、どういう感情が育つかということですよね?

感情というか、自信がなくなるよ。
何やってもお母さんに叱られてばっかりいて。
子どもが喜ぶことを、いっぱいしてください。

大人もそうですよね。嬉しいことをやりたいですよね。

嬉しいことをやって。仕事ばっかじゃないよね。

毎日叱られ続けてたら、この上司のもとで仕事したくないなって、思ってきますよね、同じじゃないですか。

そうですよ。逃げ出したくなるね。
子どもはこの家出て行けないもんね 。自分の家ですから。

もうどんどん萎縮しちゃうか、
あるいはその反対に暴力的になって、人に命令したり指示したり、
命令通りならないとピシャッてやったり(叩いたり)ね。
そういう感情の子になってしまうね。

【親子育 体験談5】『叱るのをやめると子どもの主体性が育つ』『日本に幼児教育を広めた和田實先生とは?』『指示命令しない教育の原点、感化誘導とは』▶︎叱らない育児の具体的実践法を名誉教授に学ぼう。
親子育公式チャンネル
自信を持ち、意欲あふれる子に育つために、先回りしない、見守る、寄り添う子育てを、全ての親子に/宇都宮共和大学子ども生活学部名誉教授/フレーベル→和田實→日吉佳代子/時代を超え180年受け継がれる子育てを学ぼう/育児は育自/親が正しく育てば子は自然と正しく育つ/変化の時だからこそ原理原則を。
タイトルとURLをコピーしました